滔々と流れる千曲川に沿って個性豊かな町が続きます。

9市町村の旅

真田十万石の松代城跡[国の史跡]

松代城

長野市

北に千曲川、三方を山が囲む要害堅固な平城は戦国時代に武田軍の知将・山本勘助が築いたといわれます。江戸時代初期に、上田から移った真田氏が城主となり、海津城と称し、やがて松城、松代城と改称。明治の廃藩によって城郭は崩され、石垣のみとなりましたが、近年、櫓門・石垣・堀などを修理・復元し、一般公開しています。

武士道を感じさせる落ち着きある

城下町

長野市

9代藩主・真田幸教が母のために建てた真田邸(国の史跡)や家臣の住宅である旧横田家住宅など町内を徒歩で回れます。松代藩は質実剛健を重んじ、武家屋敷はじめ、藩校であった文武学校も、いわゆる白壁でなく土壁・下見板張や茅葺であるのが特徴。真田宝物館、幕末に開国論者として活躍した佐久間象山の記念館なども見応えがあります。

ぴりっと刺激的!

おしぼりうどん

坂城町

「おしぼりうどん」は、辛味の効いた地大根"ねずみ大根"のしぼり汁に味噌やネギなどの薬味を入れ、うどんを浸けて食べる、地域を代表する伝統食です。一口食べれば辛さが広がり、汗をかくほど身体が温まります。特に寒い時期に食べる「おしぼりうどん」は美味しさもひとしおです。

町内には9つの「おしぼりうどん」提供店があります。ぜひご賞味下さい。新田醸造有限会社課長 西沢 信栄さん

「おしぼりうどん」は、辛味の効いた地大根"ねずみ大根"のしぼり汁にみそやネギなどの薬味を入れ、うどんを浸けて食べる、地域を代表する伝統食です。一口食べれば辛さが広がり、汗をかくほど身体が温まります。特に寒い時期に食べる「おしぼりうどん」は美味しさもひとしおです。

故宮入行平刀匠の技に酔う

鉄の展示館

坂城町

人間国宝(重要無形文化財保持者)「故 宮入行平刀匠」や宮入一門の作品等、優れた日本刀や刀装具を展示しています。日本刀の素晴らしさと匠の技に触れることができます。

さかき干曲川バラ公園

6月上旬に開催される「ばら祭り」では、美しい花が楽しめるだけでなく、ばら苗や町特産品の販売、ばら挿し木講習会や育て方相談なども行われ、多くの来園者でにぎわいます。

千曲川の風に吹かれて、のんびり湯治

戸倉上山田温泉

千曲市

善光寺詣りの精進落としの湯は、千曲川を挟んで戸倉、上山田温泉が寄り合う県内随一規模の温泉街。無色透明でしっとりと肌をやわらかくする泉質(単純硫黄泉・単純硫化水素泉)は「美人の湯」としても人気です。

心づくしのおもてなしで、お客様をお迎えいたします。ぜひご賞味下さい。梅むら旅館 うぐいす亭 宮川 寛子さん

戸倉上山田温泉の美肌の湯に浸かったら、千曲川の風に当たりながら温泉街を散策してはいかがでしょう。昔懐かしい射的場が今も残っていたり、200軒以上の飲食店がひしめく様子は、どこか昭和の香りが漂います。時には、お座敷に向かう芸妓衆に出会うことも…。各宿泊施設では、工夫を凝らした様々なプランをご用意していますので、ぜひ一度ご相談下さい。

日本三大車窓の一つ

姨捨駅

千曲市

平安時代から「姨捨伝説」「田毎の月」で知られ、芭蕉も訪れた名月の里は、棚田として全国初の[国の名勝]に指定、[日本の棚田百選]にも認定されました。戸倉上山田温泉では、JR姨捨駅、姨捨サービスエリアなどを巡る「姨捨夜景ツアー」も実施しています。

さらにこちらの情報をチェック!

ふれあう つながる 9市町村の旅

  • 善光寺からスタート
  • 感動的な出会いが
  • 千曲川に沿って
  • 郷土料理