スペシャルコンテンツ ながの旅モデルコース3 厳かに朝の善光寺から始まる

善光寺お朝事

長野市

せっかくの旅行なので、ちょっと早起きして善光寺に。お朝事の後は参道でありがたい数珠(お数珠頂戴)の儀式があります。また、お朝事では、参詣者から寄せられたご祈願やご供養のご回向(えこう)も行っています。
mapへ戻る

小川の庄おやき村

小川村

信州の代表的な郷土食であるおやき。野菜がぎっしり詰まったおやきは、とても素朴な味わいです。こちらでは、おやき作り体験もできます。
mapへ戻る

ろうかく湖

長野市

洋画家の有島生馬画伯が、鶴が翼を広げたような形をしているところから「琅鶴(ろうかく)湖」と命名。その美しい景観は多くの芸術家に愛されました。
mapへ戻る

松代城址

長野市

武田信玄が北信濃攻略のために山本勘助に命じて築城したと言われています。江戸時代には真田家の居城となり、幕末には佐久間象山などの藩士が育つ礎となりました。周辺には真田家ゆかりの見どころがたくさんあります。
mapへ戻る

松代温泉

長野市

武田信玄の隠し湯と言われている名湯。源泉かけ流しで、お湯は独特な黄褐色。旅の疲れを癒して、地元食材の懐石料理を味わいます。
mapへ戻る

ランチタイム

信州新町イチオシグルメ
サフォークのジンギスカン

犀川沿いの信州新町で名物のジンギスカンをいただきます。柔くてクセのない、地元で育ったサフォーク種の羊肉料理は栄養たっぷり。脂肪を燃やす働きがあるといわれるヘルシーなお肉。お店ごとに工夫した特性の漬けダレを食べ比べてみては?

ティタイム

信州を代表する郷土食
「おやき」でひとやすみ

小麦粉の皮で季節の野菜や小豆餡などの具を包んで、蒸したり焼いたりする「おやき」。
長野では日常の食事として、また盆・正月に欠かせないお供えとして手づくりされ続ける"おふくろの味"。小川の庄のおやきでティータイムをお楽しみください。