市町村紹介 自然・文化・歴史・食、楽しみいっぱい。信州の旅のスタートはここから。長野市

名所を訪ねる真田邸

真田邸は、幕末に参勤交代制度が緩められ江戸住まいを命じられていた9代藩主・真田幸教の義母・貞松院が松代に帰ることになり、その居宅として1864年 に建てられました。明治維新後は、真田家の別邸となりました。 真田邸は、全国的にみても数少ない江戸時代の御殿建築として、存在意義が大きいことから松代城と一体のものとして、国の史跡に指定されました。

名所を訪ねる戸隠神社

「天の岩戸」伝説の地として知られる霊峰戸隠山の麓にあり、約2,000年の歴史がある神社です。
神社は、奥社・中社・宝光社・九頭竜社・火之御子社の5社からなり、中でも奥社に向かう参道には樹齢400年を超えるという杉の木が立ち並び、神秘的な雰囲気が漂います。

食を楽しむ精進料理

善光寺の境内にある39の宿坊で味わうことができる精進料理。
精進料理とは、肉や魚を使わず野菜や海草、穀類などを使った料理のことです。お料理は四季折々に地元信州でとれた旬の食材を使い、新鮮でおいしいと評判です。
宿坊ごとに工夫を凝らしたメニューもいっぱい。

食を楽しむジンギスカン

あらかじめ甘辛いたれに漬け込まれたサフォーク肉を、ジンギスカン鍋で焼いていただきます。
たれの味はお店によってこだわりがあり、とても食欲をそそります。肉と一緒に焼く新鮮な野菜にもたれの味がしみ込み、おいしくいただけます。

体験するそば打ち体験 戸隠そば博物館 とんくるりん

千曲川の支流である松川が流れる松川渓谷は、斜面いっぱいに広がる落葉広葉樹の鮮やかな芽吹きや紅葉が見られ、多くの観光客が訪れる名所です。

温泉スポット奥裾花温泉 鬼無里の湯

松川の渓谷沿いに8つの温泉が広がる、信州でも有数の温泉郷です。古くから湯治の湯として親しまれ、今も訪れる人たちの体も心も癒してくれます。